スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 

兵庫県民にとっては今日は特別な日。
追悼行事「1・17の集い」に参加してきました。
いくつになっても当時の記憶は消えないもんです。

死者6000人超 負傷者約4万4000人を記録した大災害。
今日であの阪神淡路大震災から14年が経ちました。
当時9歳だった俺は23歳になりました。

刀も銃も持ち歩く必要のない平和な時代に生まれてきた。
戦争も内乱もない、平和な民主主義の国にで生まれ育った。
あの大地震を乗り越えて生き延びた。
それだけで幸せ。

不景気だなんだって言われてるけど
戦時中や昭和初期の不景気に比べて全然恵まれてると思う。
ネカフェ難民だなんて言葉が使われてるけど暖かい場所で寝れて飲み物が飲めてパソコンまで使える。
難民どころか昔なら貴族の生活だろうな。

俺も皆も色々と求めすぎてた気がする。
今という日を過ごせる事に感謝しながら、
これからちゃんと真っ直ぐ生きていこう。

この記事へのコメント

その貴族の生活をするためにはお金と言う現代に欠かせないものを払うわけであって
しかもその貴族の生活は一応時間制限があるわけであって
戦時中は不景気どうのこうのじゃなく戦場と言う名の地獄なわけであって

>くるる
いつの時代もお金は必要だよ!
働かざるもの食うべからずって
神戸や大阪くらいだと夜10時間前後で1000円とかザラだし

戦時中が不景気っていってんじゃなくて
戦時中と昭和初期の不景気で分けて書いたつもりが伝わりにくかったね

まぁどっちにしろ今の時代は恵まれてる
そういいたかったのさ

言うは易し。
その想い、言葉忘れるな。

>ペリ民

言うは易し、行なうは難し
いやほんとそのとおりです
でも今年のスローガンは継続ですから!
頑張る!

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。